キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

中野量太監督×高橋かのん☆トークライブ♪開催

中野量太監督湯が沸くほどの熱い愛ロゴ

  中野量太監督 × 高橋かのん トークライブ♪
 

★概要

  日時: 2016年11月13日(日)17:30〜19:00

  場所: 品川インターシティ貸し会議室

 

 

★中野量太監督

中野量太監督

1973年7月27日生まれ、京都府育ち。大学卒業後、日本映画学校に入学。卒業制作の『バンザイ人生まっ赤っ赤。』(00)が日本映画学校今村昌平賞、TAMA NEW WAVEグランプリなどを受賞。卒業後、助監督やテレビディレクターを経て6年ぶりに撮った短編映画『ロケットパンチを君に!』(06)が、ひろしま映像展グランプリ、長岡インディーズムービー コンペティション グランプリ、福井映画祭グランプリ、水戸短編映像祭準グランプリなど7つの賞に輝く。08年には文化庁若手映画作家育成プロジェクトに選出され、35mmフィルムで制作した短編映画『琥珀色のキラキラ』が高い評価を得る。その後、『チチを撮りに』(12)が、第9回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて日本人初の監督賞を受賞、第63回ベルリン国際映画祭正式招待を皮切りに、各国の映画祭に招待され、第3回サハリン国際映画祭グランプリなど国内外で14の賞に輝く。本作が商業映画デビュー作となる、いま日本で最も注目の若手監督の一人。

 

★開催経緯&開催メッセージ

 もともとドラマ好きの私が、舞台を見に行くようになり

 

 「役者とカウンセラーって似てるかも?

 

 と演技に興味を持ち始め、

 ワークショップに通ったのが2013年。

 

 そのワークショップは、活躍している監督さんが講師として

 毎回来てくださり、実際の台本をもとに、カメラで撮りながら、

 演技指導してくださる本格的なものでした。(何て、贅沢♪)

 

 その講座の中で、監督によって、撮り方、指導の仕方(役者の引き出し方)、

 考え方、雰囲気やスタンスが全く違うことを知りました。

  

 その講師のお一人が、中野監督だったわけですが、

 

 中野監督のスタンスが、その役の人柄について

 一番ワクワクしながら考えられましたし、

 

 役者に任せられている部分も多いので

 同じ台本を演じても、役者によって全然別のものになること、

 

 そして、役者のそれがはまると、

 その役が最高に可愛らしく愛おしいキャラクターとして

 映ることを目の当たりにしました(詳しくは、こちらで)。

 

 「だから、中野監督の映画は、こんなに人が素敵に魅力的に見えるのか」と、

 実感した瞬間でした。

 

 チチを撮りに

 (前作は、マスターコース13期の有志で見)

 

 その後、私は、演じることを通して、逆に

 「自分が自分でいられる幸せ(自分の言葉で伝えられる幸せ)」を、

 日々、実感するようになり、

 今のお仕事がさらにさらに好きになりました。

 

 それにより、自分が"演じてみたい"の思いは薄れたのですが

 

 そんな中野監督が、初めての商業映画を撮るため

 エキストラを募集していることを知り

  

 「ぜひ、行きたい♪」と参加してきたレポが、こちらです♪

  一回目 ★ 二回目 
 
 想像してた通り、現場の雰囲気も気持ちよくて、楽しかったです( ´ ▽ ` ))

 それは、監督によるものが大きいでしょう。 

 

 公開に向けて、中野監督とトークライブができたらいいなぁ♪

 自分の言葉で、私の周りの人たちに、そして、一人でも多くの人に

 映画や中野監督の魅力を知ってもらう機会ができたらいいな♪

 と思っていました。

 

 そんな場が、実現することになりました!!

 

  映画の裏話はもちろんですが

 

  監督が考える

 ・0から1を作り出すアイディアの出し方

 ・夢の実現の仕方

 ・人の魅力

 ・場の作り方

 

 本映画を通して、そんなところも聞きたいと思っています!!

 きっと、あなたのお仕事や人間関係にプラスになることでしょう。

 

 ※映画を観たら、映画の内容のあんなことこんなことも

  聞きたくなり、只今、質問厳選中です。

  もちろん、皆様からの質問を受け付ける時間も取りますね!

 

 今回、映像には、一切残しませんので、

 ここでしか聞けないお話ばかり^_−☆