キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

大きな決断に答えが出せない 迷ってしまう考え方のクセとは?

 

 

 

■Mさんのお悩み

 

主人が外国人で、日本語が苦手。子どもは、日本で育っているので、日本語を覚えるスピードが早く、主人との会話が成り立たなくなってきています。

 私は、結婚後、公務員になり安定した生活を送っていたのですが、今後、子どもと主人の事を考えて、主人の母国で子どもを育てようか迷います。

 主人の母国で今の私の仕事に似たような仕事が見つかりそうなのですが、まだ迷っています。主人は帰りたいと言っています。

 公務員をやめる事は、私の両親が許さないので、苦しいです。

 

心屋塾上級認定講師の高橋かのんより

 

Mさん、こんにちは。高橋かのんです。

 海外へ移住するか否か…人生の岐路にご相談いただき、ありがとうございます。大きな決断だからこそ、ご相談に考え方のクセが色濃く表れていると思いました。Mさんが苦しくなるときの考え方のパターンを、一緒に紐解いていきましょうね。

まず、Mさんに聞きたいことがあります。

 「あなたは、どうしたいですか?」
 「あなたにとっては、何が幸せですか?」

おそらく、これまで、ここをないがしろにしてきたのではないでしょうか。

Mさんのご相談内容は、「周りの人がどうしたいか」「周りにとって何がいいのか」はありますが、「私が私のことを思ってどうしたいか」がありません。

 何かを決める際、みんなの意見を聞いて、その上で、みんなにとって最善の方法を決める。自分の気持ちは後回しではありませんか? 私もそうだったので、よくわかります。

その決め方は、一見、平和主義で、思いやりがあり、とてもいいように思えますが、知らず知らずのうちに自己犠牲を払うことが多くなり、苦しくなります。

そして、さらに、苦しくなるケースが2つあります。

 

一つは、今回のように、みんなにとっていい決断が一致せず、その狭間で、どうしていいかわからなくなるケースです。その結果、「どちらのいうことを聞くか」「どちらの側につくか」の問題になり、苦しくなります。

 

そして、もう一つは、今回は当てはまりませんが、周りの人の意見が出るまで、自分の行動が決められず、焦りやイライラが募るケースです。自分の決断が、周り次第だからです。

では、どうすれば良いか。それは、考える順番を変えることです。冒頭での質問を思い出してください。まず自分がどうしたいかを1番に考えるのです。

その時のコツは、周り全員が、「あなたの好きにしていいよ」と言ってくれているとしたら…と考えてみましょう。周りとは、今回で言うなら、ご両親とご主人です。

 次に、さらにそれを考えやすくするため、ご両親とご主人への心理的ブロックを、外すお話をしますね。

 

まず、ご両親に対する心理的ブロックを外すお話から。
Mさんは、きっと小さい頃から、ご両親のいうことを聞いてきたイイ子なのではないでしょうか。「あなたはどうしたいか」を聞かれずに来たのかもしれません。

もちろん、ご両親は、あなたの幸せに繋がると思って、安定した収入、公務員を勧め、あなたもそれに応えてきたことと思います。

ですが、そろそろ卒業しませんか。

ご両親のいうことを聞かないこと、安定を手放すことは、これまでの安全圏から出るわけですから、怖くて当たり前です。でも、その怖さを理由にストップしないでください。何があなたの幸せか。あなたがあなたの信じる道を歩くこと。それが本当の自立です。

 

そして、次にご主人に対する心理的ブロックを外すお話です。
もしかして、ご主人の状況を勝手に「かわいそうだ」と思っていませんか? だから「私がなんとかしてあげなきゃ」の思いから湧き上がった問題かもしれません。だとしたら、それは、そもそも、Mさんの問題ではありません。

また、“日本にいさせてしまっている”という罪悪感も持たなくていいです。ご主人は、今、ご主人の意志で日本にいるのです。そして、ご主人には、今の状況を解決する力があります(あると信じてくださいね)。もしかしたら、ご主人にとっても、子どもを通して、日本語を覚えるチャンスになるかもしれません。

さあ、ご両親もご主人のことも、そして、子どものことも気にしなくていいとしたら、仕事もどうにでもなるとしたら、あなたはどうしたいですか。

まず、その答えが出たら、次に、一緒に人生を歩むと決めたご主人に伝えることから始めましょう。一人で抱え込まないでくださいね。

Mさん自身の人生のスタートをお祝いします。

 

ウーマンエキサイト高橋かのん執筆コラムから抜粋