キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

高橋かのんが贈る心サプリ歌 「ブルースカイ」

初めてレコーディングした音源をYouTubeでシェアさせていただきました♪
よかったら、聴いてみてくださいね。私より、うまく歌える人も、弾ける人もたくさんいると思うので、そんな方には、よかったら歌っていただけたら嬉しいです(≧∇≦)そして、うまい下手に関係なく生活の中に、そっと口ずさんでくれたら

嬉しいです。

 

今回は、PVも手作りです。もともと、ライブでも歌詞が伝わるように

写真に歌詞をつけて流していてそれをほぼそのまま動画にしてみました♪

こういうの作るのも好きです(≧∇≦)

 

 

 

ブルースカイ  作詞作曲 高橋かのん   

涙 堪える帰り道
「そうだ こんなときは
 上を見るんだったな」
涙 こぼれぬように
上を向いて歩こう

空一面 真っ黒な
雨雲からポツリポツリ
頬に 雫 落ちてきた
我慢した意味がないじゃない
「神様のイヂワル!」
雲の隙間から 青空が微笑んだ       

そうさ

 青空の下 僕たちは
 いつも いつだっているんだね
 信じていてね 見えなくても
 僕らを包む ブルーブルースカイ

涙  流した雨の中
「そうか “泣いちゃいなよ”って
 背中押してくれたんだな」
慰めてくれてるよう に
優しい雨に包まれた

イヤな事ばかり続いて
ツイてないって思ってた
一人ぼっちの気がしてた
グズつついた毎日に
ただただ光探してた
どこにもないような気がしてた        

だけど

 青空の下 僕たちは
 いつも いつだっているんだね
 感じていてね 見えなくなっても
 変わらずそこにいる ブルーブルースカイ

 雨雲も役目を終えれば
 風がそっと流してくれる
 信じていてね 会えなくても
 心のそばに ブルーブルースカイ

 

 

ブルースカイ=3つのものの象徴

 

この「ブルースカイ」の中のブルースカイ(青空)は

実は、3つのものの象徴として使っています。

ここでは、それをお伝えしたいします^ - ^

1. 幸せ 

 

天気予報では

晴れ、曇り、雨

って表記されますよね

 

晴れの日の空は青空で

曇りの日の空は雲で

雨の日の空は雨雲からの雨で・・・

 

なんとなく

そんなイメージだったのですが

 

ある日、

台風で真っ黒な

雨混じりの雲の隙間から

覗いた青空を見たとき

 

(これが実際に見た青空です)

ブルースカイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前のことなのかも

しれないですが

 

曇りでも雨でも

変わりなくそこにいる

 

ただ見えなくなっただけの

青空の存在を感じて

 

妙に感動したのです(*^^*)

 

 

よく人生のいい日や悪い日

幸せや不幸を

天気に例えたりもしますが

 

私たちの人生も

ベースは、ずっと

変わりなく幸せ(青空)

なのだろうなぁって思えました

 

悪い日に思えた日も

不幸に思えた日も

幸せ(青空)がなくなった

わけじゃない

 

そう思ったのです

 

ブルースカイに重ねたもの

一つ目は「幸せ」です

 

 

2. 愛 

 

重ねてになるかもですが・・・

  

私たちは、

目に見えるものばかりを
「ある」と思って

 

目に見えないものを「ない」

と思ってしまいがちです

 

誰かが不機嫌になったり

怒ったり、面倒くさがられると

 

そこには愛が

なくなったように見えたりして・・・

 

でも、そんな時でも

ずっとベースには「愛」はある

 

なくなりはしない

  

 

ブルースカイに重ねたもの

二つ目は「愛」です

 

 

 

3. 私(願望込み)(*^^*)

 

私たちは

遠く離れていて

なかなか会えなくても

 

いざとなったら

 

自分をわかってくれる人

いつでも自分を応援してくれる人

どんな自分も受け入れてくれる人が

いると思うだけで

安心して勇気が出せる

 

ブルースカイに重ねたもの

三つ目は「そんな存在」です

 

そして、

私に関わった人のそんな存在に

なれてたらいいな

って思いながら

 

最後の歌詞を書きました(*^^*)

 

そんな想いを

思い出しながら

また、聴いてみてくださいね^_?☆

 

 

ブルースカイに込めたメッセージ

「ブルースカイ」にはもう一つメッセージを込めています。

 

「それは、降り出した雨をどう捉えるか」


にあります

 

ストーリーは

こんな風になっています

 

1番では

 

泣くのを我慢して

上を向いていたのに

 

ポツリポツリと

降り出した雨が

頬に落ちてきて

 

まるで泣いているように

なってしまう・・・

 

何よ!!

せっかく我慢したのに

これじゃ意味がないじゃない

 

「神様のイヂワル!」

 

と言っています

 

雨も神様も自分の想いを阻む

敵みたいに思ってる・・・

 

でも、

2番では

 

どうせ泣いたみたいに

なっちゃったんだから

泣いちゃおう

 

と泣いた時

 

雨が涙を

隠してくれてるように

泣いているのが目立たない

 

雨は、優しく慰めてくれている

ように感じます

 

そして

 

そうか、我慢しないで

泣いちゃいなよ

 

って背中を押してくれていたんだ


============

 

と気づくストーリーに

なっています

 

つまり、

 

何を言いたかったかというと

 

したいことを我慢する

 

あるいは

流れに逆らって

何かと戦っていると

 

周りは敵に見える

 

周りの優しさにも

気づかないし

気づけない

 

ということ

 

敵がいるから

戦っているのではなく

 

戦っているから

敵に見えるだけ(^ ^)

 

戦うことをやめて

素直になると

 

それでいいよ

そのままでいいよ

 

と言ってくれている

周りの

優しさに

愛に

初めて気づけるんですよね(^ ^)

 

だから

 

これじゃダメだと

思っている自分

 

隠しておかなきゃと

思っている自分

 

も出しちゃいましょう

ってこと♪

 

そしたら

実は世界は

とてもやさしいことに

気づけますよ^_?☆

 

そんなメッセージを

入れています

 

あなたには

届いていたでしょうか?

 

そんな部分も

ぜひ、聞いてみてくださいね^_?☆